パーコレータの魅力とは?アウトドアでおいしいコーヒーを楽しもう

アウトドアでコーヒーを楽しむと、日常とは異なる素敵なひとときを過ごせるでしょう。コーヒー豆をミルで挽いてみたり、コーヒー豆にもこだわってみたりと、時間や手間をかけておいしい一杯を淹れてみたいものです。

アウトドアでコーヒーを楽しむのに欠かせないアイテムが「パーコレータ」です。しかし、パーコレータがどのようなものか知らない方も多いのではないでしょうか。

今回は「アウトドアでおいしいコーヒーを楽しみたい」という方におすすめしたいパーコレータの魅力を紹介します。

パーコレータとはどんな器具?仕組みと魅力をチェックしよう

まずは、パーコレータとはどのような器具なのか、アウトドアで使用するのにおすすめの理由や魅力について紹介します。

パーコレータの仕組み

パーコレータとは、火にかけて使用するタイプのコーヒー抽出機のことです。ポットのような見た目をしていますが、フィルターの機能と一体型になっている特徴があります。

形状

ケトル(本体)の中に筒状の細長いパイプのついたバスケット(ストレーナー)が入っています。バスケットは小さな穴がいくつも開いており、フィルターの役割を果たしています。

仕組み

沸騰したお湯がバスケットに付属しているパイプを通って循環します。バスケットの中に入れておいたコーヒーの粉に、お湯がかかることでコーヒーとして抽出される仕組みです。循環を何度も繰り返すため、濃度の高いコーヒーを抽出できる特徴があります。

パーコレータの魅力

パーコレータの魅力は、準備するものが少なくて済む点にあります。必要なものは、パーコレータとコーヒーの粉、熱源となるバーナーやコンロ、焚火の3つのみで、フィルター、ドリッパー、ポットなどを準備する必要はありません。

また、パーコレータは一度に数人分のコーヒーをまとめて淹れることができるのも魅力です。

そして、抽出している間、コポコポという音と、周囲に漂うコーヒーの良い香りを楽しめます。パーコレータから出てくる湯気にも雰囲気や情緒が感じられ、ランタンの明かりや朝霧に浮かぶ情景のワンシーンとしても写真映えするでしょう。

パーコレータで淹れたコーヒーの味わい

パーコレータで淹れたコーヒーは、ドリップコーヒーと比べてどっしりと強く濃い味わいになる特徴があります。

これは、高温でコーヒーを抽出するためで、もちろん火にかける時間を調節すれば濃さを自分好みに調節することも可能です。

肌寒い時期でも熱々のコーヒーでほっと一息つけるのも、アウトドアならではの贅沢な時間の楽しみ方ではないでしょうか。

パーコレータの活用法

パーコレータは、コーヒー以外に紅茶や緑茶を淹れることもできます。お湯をミルクに変えて抽出すれば、濃厚なカフェオレやミルクティーを楽しむことも可能です。

また、バスケット部分を取り外してケトルとしても使用できるほか、小さな鍋としても使えるため、スープやパスタを作るのにも応用できます。

実は簡単!パーコレータの使い方

Coffee,Drip coffee at home Coffee in a jar

ここからは、パーコレータでコーヒーを抽出する際の使い方を紹介します。

1.コーヒーの粉をセットする

まずは、パーコレータの中にあるバスケットを取り出し、抽出したい人数分のコーヒーの粉をセットします。

1杯の目安はお湯160ccに対して、コーヒーの粉12g程度です。好みに合わせて調節すると良いでしょう。

また、コーヒー豆とミルを持参すれば、さらに香り高いコーヒーを楽しむことができます。

2.お湯を沸かす

まずはパーコレータ本体に目安量の水を入れてお湯を沸かしましょう。

先にバスケットをセットしてしまうとコーヒーを水で抽出する状態になってしまうため、必ず先にお湯を沸かす必要があります。

3.バスケットをセットする

お湯が沸騰したら一度火を止めるか火から離し、コーヒーの粉を入れたバスケットを本体内部にセットします。このとき、本体が高温になっているため、火傷をしないように注意してください。

4.弱火で抽出する

パーコレータを再び火にかけ、弱火でコーヒーを抽出しましょう。目安は4分程度ですが、好みの濃さになるように時間を調節しても問題ありません。

一般的なパーコレータは、フタのつまみ部分が透明になっていることが多く、抽出液がフタに当たる際の色で抽出状況を確認することができます。

抽出液の色がだんだんと濃くコーヒー色になっていくので、火から外すタイミングをチェックしておきましょう。

パーコレータで淹れたコーヒーをおいしくするコツとは

パーコレータで淹れるコーヒーは、どのようなポイントを押さえるとおいしくなるのでしょうか。

ここからは、パーコレータでおいしいコーヒーを淹れるためのコツを紹介します。

コーヒー豆は粗挽きがおすすめ

パーコレータに入れるコーヒー豆は、粗挽きの使用がおすすめです。パーコレータ内部のバスケットにコーヒーの粉をセットする際、細かい粉だとバスケットの穴から落ちて抽出したコーヒーに粉が混ざってしまいます。

粗挽きのコーヒー豆を使用してじっくりと抽出しましょう。

強火で抽出したり、長時間火にかけたりするのはNG

パーコレータで抽出したコーヒー美味しくないと言われることも多いのですが、原因は火加減と火にかける時間が原因です。

たとえば、強火で抽出するとコーヒーの香りが飛んでしまう、苦みやクセが強く出る、色がにごるなどの原因になります。

また、長時間火にかけると雑味が濃く出てしまうため、おいしいコーヒーを楽しみたい場合は、火加減と時間にはとくに注意しましょう。

粉が沈殿するのを待ってから注ぐ

コーヒーを抽出して火を止めたあとは、コーヒーの粉が沈むまで少し時間を置いてからカップに注ぎましょう。

コーヒー液の底に沈むのを待ってからカップに注ぐことで、コーヒー粉が混入する量を抑えることができます。

まとめ

パーコレータは扱いが難しいと思われがちですが、コツさえつかめばおいしいコーヒーを淹れることができます。

パーコレータの魅力はコーヒー粉やお湯の量、火の強さ、水加減などで毎回違った味わいを楽しむことができる点です。好みの味になるよう試行錯誤しながら、その日の味わいや雰囲気を楽しみましょう。

パーコレータのほか、アウトドア用品を購入の際には、ぜひGsMALLでお気に入りのアイテムを探してみてはいかがでしょうか。

ITEM この記事で紹介されたアイテム

WRITER PROFILE

writer
GsMALL編集部

GsMALLは「オールアウトドア」をコンセプトに、 登山・クライミング・キャンプを中心とした、様々なアウトドア・スポーツギアが集まるアウトドア総合通販サイトです。